個人再生における注意点、借金問題相談センター東京

借金問題相談センター東京

安心と実績のある借金の無料相談会を東京で実施。個人再生の検討

借金問題相談センター東京TOP >個人再生における注意点とは

個人再生でお困りなら無料相談を受けてください。!

個人再生における注意点

一度民事再生申立をして再生計画が確定したら、その後7年間は再度の免責や申立が認められません。そのため、途中で給与が下がるなど収入の変更があったとしても、返済計画は守らなければなりません。
決められた再生計画通りに返済できなければ、それまでの努力が全て無駄になることを覚悟しなければなりません。ます

■個人再生の種類について

個人再生には小規模個人再生と給与所得者再生の2種類の手続があります。
小規模個人再生手続は一般民事再生の特則であり、給与所得者再生手続は小規模個人再生手続の特則です。
従って給与所得者再生手続は一般民事再生からすると二重の特則となっています。 給与所得者再生手続と小規模個人再生手続の違いは次の通りです。
利用資格条件として小規模個人再生は、将来、継続反復して収入を得る見込が必要であり、給与所得者再生は小規模個人再生を利用できる人のうち給与など定期的な収入の変動の幅が小さい(20%以内)と見込まれる者である必要があります。
また、小規模個人再生は、書面決議による反対債権者の2分の1以上または債権額の過半数の反対があると否決されます。給与所得者再生は決議は不要です。

■住宅ローン特則の注意

住宅ローン特則を適応させるには、住宅ローンを担保するための抵当権が設定されていることが原則です。
住宅ローンを延滞している場合は、代位弁済後6ヶ月いないであることが必要です。

個人再生の項目

個人再生に関する質問、無料相談は下記にどうぞ!

電話借金相談ホットライン東京03-6638-6338

根本的な借金対策を

不動産担保ローンの問題…
自己破産で再スタート夫婦…
消費者金融に払い過ぎた…
過払金請求にも時効って…
借金の一本化が状況悪化…
自己破産以外の方法で…
消滅時効援用で問題解決…
住宅ローン延滞、競売…
不動産担保ローン問題を…
貸金業者からの取立は…
不動産担保ローンを延滞…
個人再生をすると家族に…
自己破産すると会社に…
父親の借金は家族に支払…
おまとめローンって
効果あるの?
住宅ローンの返済が
苦しい!…
亡父の借金は遺族が
払うの?

借金お役立ちリンク


リンク集
相互リンク集
借金問題相談センター東京
住所: 〒121-0812
東京都足立区西保木間
3丁目11-10-108
MAIL:

TEL:03-6638-6338